Archive for 2月, 2012

撮影日: 2012年2月29日 掲載日: 3月27日

この日、雪降り、ずんずん積もる。勤め先は、昼頃、臨時休業となって私はまっすぐ帰宅。そしてカメラを持ってお出かけ。

 

雪かきを申し出る。

IMG_6407IMG_6417

IMG_6419

IMG_6421IMG_6422IMG_6428

そして、雪に埋もれた足下にひとひら、ふたひらと梅の花びら。

IMG_6430IMG_6431

ひとしきり写真を撮った後は、雪かきを申し出る。管理室で道具を借りて、せっせと雪かき。その後、手伝いの人も集まってくるが・・・

小学生も雪かきを手伝い。そのそばで高校生が雪合戦。

私も当初はボランティア精神。でも重荷になって、いつしか、「みんなに褒められる自分」をイメージしつつ、利己心爆発寸前。で、その脇で高校生は雪合戦。小学生は飽きてどこかへ。

我らボランティアが作った細い道を、幅がはみ出す台車を押して、宅急便の配達がある。雪に乗り上げつつ台車を運ぶ姿を見て・・・・『雪かき、手伝えば?』と、意地悪なことを思いつつ、でも口には出さない。

一時間半ほど後、東から西へ、一本の道が出来て、私は雪かきを辞した。南北の通路は私には関係(きっぱり)ない。そしてエントランスに向かって歩いて気づいた。せっかく雪かきして作った通路に自転車が・・・雪の中に埋めてやろうかとも思ったが、かえって面倒なのでやめた。

 

雪は、都会の汚い物を覆い隠す化粧だというが、人間の汚い部分を引き出すのでは? と思いつつエレベーターに乗り込む。

下ではまだ、高校生が雪合戦している。

撮影日: 2012年2月19日 掲載日: 3月27日

昨年は、元旦頃には咲き始めていた、我が家の敷地内の梅が、ぼちぼちと咲き始めた。開花はおよそ1月遅れ。今年は寒いのだと痛感。

とりあえず、写真を撮るが、「ようやく咲きました!」的記録写真。

IMG_6396IMG_6398

マンションの敷地内をしばらく散策した後、泉の森公園内の古民家園へ。

緑濃き、泉の森公園内は寒いのか。私お気に入りの河津桜は未だつぼみも堅く、梅もまだ。

ただ、敷地中程の臘梅(ロウバイ)のみが華を誇っていた。

IMG_6400 IMG_6401

臘梅の香りやよし。また、散歩に楽しみを添える。

撮影日: 2012年2月18日 掲載日:2月20日

日没後、穏やかな表情を見せ始めた富士を改めて撮影する。

IMG_6079IMG_6083IMG_6085IMG_6087IMG_6110

なにやら、ダイヤモンド富士ウィークスなるイベントがあるらしく、アイスキャンドルや、打ち上げ花火があるという。そんな時に出かけるから、人が多くて当たり前だけど・・・

IMG_6112IMG_6117IMG_6118

でも、カメラ(趣味)マン相手のイベントって、周囲のメートル単位に何人だけが、嬉しくて、場所取りしくじったものは人の頭を眺めるだけ、結局、大勢集まれば集まるほど、不満が増えるイベントじゃないか? 無料なんで文句を言える筋合いじゃないけど。

それに、カメラの性能が上がってきたとはいえ、夜のイベントでは、カメラを選ぶだろうし。

 

 

IMG_6119IMG_6120IMG_6121IMG_6128IMG_6142でも、富士山て、小細工のいらない被写体だと思うのだけど。

 

IMG_6152 この写真だけだと、怪談の舞台のようで・・・ろうそくがフーッと消えると・・・・

 

IMG_6165IMG_6180IMG_6190IMG_6195

IMG_6214IMG_6208IMG_6308IMG_6327

IMG_6336IMG_6342IMG_6368

日没後は更に気温が下がる。上下とも防寒対策をしてきたつもりが、まさかの弱点が靴。度々足が引き攣れ、その都度、雪のないところに逃げ出さなければならなかった。おまけに風邪が悪化した感じ・・・なんというか、良いイベントなんだけどね、たぶん。

撮影日: 2012年2月18日 掲載日:2月20日

例年、この時期は山中湖でダイヤモンド富士が見える。ということは、湖面に映るダブルダイヤモンド富士が撮影できるかもしれない。

・・・というだけで、無計画、朝起きた時に日が差していたので出発・・・するつもりが、連日の疲れが溜まっていて、なかなか起きられず、もたもた準備して、お昼近くになってようやく出発。高速道路はあまり交通量も多くなく、それなりに幸せなドライブで、御殿場へ到着。

IMG_5885

その後、忍野八海へ行って、うどんを購入し、豆腐は断念して、ようやく山中湖へ。山中湖の氷も目的の一つだったのだけど・・・西側は氷がなく、水面も高く、白鳥の姿もない。

東側につくと、ようやく期待の氷。いつものヨットも氷の上。

IMG_5903IMG_5907IMG_5901

そして、最終目的地の山中湖畔、 山中湖交流プラザ「きらら」 の駐車場へ・・・は、すでに一杯で、付近の臨時駐車場に車を停める。

大勢のカメラマンがすでに場所取りをしていたけど、突端に開いている場所があって、ラッキーと思いつつ、三脚を用意していたら、係員らしき人から声をかけられて、「長い時間待っている人たちの邪魔だから、そこを開けて」といわれて、しぶしぶ移動。でもよく考えてみると後ろに場所取りするのが悪いんじゃない?IMG_5923

結局、すでに三脚を立てている人の後ろにたって、手持ちで撮影することにする。

IMG_5917IMG_5918IMG_5931IMG_5934

IMG_5932IMG_5921

あとはひたすら日没を待つ。

IMG_5955IMG_5990

で、あとから来た人が乗り出して前を塞ぐ。肘は付きだすし・・・

IMG_6003

ひどくない? 文句を言っても聞こえないふり。・・・いや、眼中になくて本当に聞こえなかったか。

IMG_6014IMG_6038

IMG_6056IMG_6058

IMG_6066

 

ちなみに薩「埵」峠の「埵」字は、JIS第一・二水準煮含まれない漢字、どう表現されるかはご覧の方のブラウザ次第。

カーナビ付きでも、ちょっと分かり難くく、また、片側交互通行の道を抜けてさった峠へ。十台ほど車が止められる駐車場のトイレの通路に車を仮置き後、しばし後に開いた駐車場に車を止めてささやかなハイキング。

IMG_5757IMG_5758

ここは、海と富士山を同時に楽しめるビューポイント。歌川広重の東海道五十三次にもある風景。

 

IMG_5766 こんな感じ?

 

 

IMG_5767IMG_5768

空に月、地には水仙と梅・寒桜が咲く、旧東海道を歩いて、撮影ポイントを探す。

IMG_5770IMG_5780IMG_5792 IMG_5776

IMG_5809IMG_5818IMG_5825

はるか先に、わが愛しの箱根。

IMG_5826

そろそろ日も沈み、ふと気がつく、山中にあって、懐中電灯は車の中。

 

IMG_5850IMG_5863

足元の見える内に、駐車場へ急ぐ。

IMG_5858

空には、頼りなげな月。

月の光だけで夜道を歩めぬ現代人。

そして、渋滞を乗り越えて家路につく。

撮影日: 2012年2月4日 掲載日: 2月5日

季節柄、例のごとく静岡へ!?

朝食は毎度変わらず冨士川SA(下り)へ。

雲一つない晴天。

IMG_5689IMG_5692

 

その後、由比SAにて、写真撮影のため停車。

IMG_5700

集合場所のいつもの油山寺。

IMG_5702IMG_5710IMG_5714IMG_5716IMG_5721IMG_5722

なんと・・・興味のない人には関係ないが・・・本堂を建て直すとかで、住職が忙しく片付けをしていた。

 

IMG_5723IMG_5725IMG_5726IMG_5727

IMG_5728IMG_5729IMG_5734IMG_5739IMG_5754

で、今回は参加者も少なく、用事もすぐに済んで、昼食はコンビニ付属(!)のランチバイキング(!!)850円也で済ませ、まだ時季も早くて梅園も開いておらず、何やら温泉に入る気分でもなく、今回は宿泊もせずに帰路につく。・・・続く。

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
最近のコメント
カウンター
  • 5今日の訪問者数:
  • 2015年3月13日カウント開始日: