撮影日2015年8月27日 掲載日2015年9月7日

宿を出、ガソリンを入れて一路、伊勢神宮へ。まずは外宮。そして内宮へ。

IMG_2895IMG_2900

IMG_2901IMG_2905

IMG_2904IMG_2911IMG_2907IMG_2910IMG_2916IMG_2915

IMG_2919IMG_2920

伊勢神宮の外宮・内宮は、式年遷宮といって20年に一度、作りなおす。…のは、日本人の常識。

2013年の式年遷宮には間に合わなかったが、ようやく、2015年に参拝・・・などと思っているわけではない。ただ、式年遷宮を扱った展示、「せんぐう館」は、見聞きして、結構感動した。

式年遷宮といえば、「伝統の継承」として必要としか認識していなかったが、そもそも、伊勢神宮の建物には、「天皇と神主以外は入れない=大工は入れない」つまり、一度建てたら修理ができないという、基本原則があるとのこと。

木造、茅葺きの建物を20年間、修理不要、メンテナンスフリーとして作るのである。私も一応、ものづくりの現場に席を置き、飯の種としているのだが、20年間メンテナンスフリーって、他に思いつくのは、精々、「墓石」・・・墓地ではなく、墓石ぐらいしか思いつかない。

聞けば、神宮の茅葺きの厚みは一メートル以上、それが式年遷宮のあと、解体の段階ではほとんど土とかしているが、それでも雨漏りの後はないとのこと。つまり、20年間の風雨による痛みの分を含めて茅で葺いているのである。

疑問に思って質問した所、柱も腐食分を見越した太さがあるとのことで、今なら、腐らぬように作るところを、腐ること・作りなおすことを前提にして20年間メンテナンスフリーの建物を造るという、思い切った発想で作られているのである。

こういう割り切りって、巨大プロジョクトに限ったものではないだろうか?・・・まあ、ダムや海峡に掛かる橋などと比べれば、小さくはあるが、伊勢神宮建立直後した1300年前(天武天皇14年(685年)、式年遷宮の制を制定。)の時代背景を考えれば、十分に巨大プロジェクトであろうが。

なんか、プロジェクトXしているよね。

 

IMG_2922IMG_2923IMG_2924IMG_2928IMG_2933

IMG_2936IMG_2937IMG_2939

One Response to “伊勢神宮へ”

  • 8823海底人 より:

    自治会の納涼祭、お疲れ様でした。
    お母様のご病気は心配ですね!
    お力にはなりませんが、これから暑くなります。
    身体には十分に気を付けてください。

Leave a Reply

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近のコメント
カウンター
  • 5今日の訪問者数:
  • 2015年3月13日カウント開始日: