撮影日: 2012年2月29日 掲載日: 3月27日

この日、雪降り、ずんずん積もる。勤め先は、昼頃、臨時休業となって私はまっすぐ帰宅。そしてカメラを持ってお出かけ。

 

雪かきを申し出る。

IMG_6407IMG_6417

IMG_6419

IMG_6421IMG_6422IMG_6428

そして、雪に埋もれた足下にひとひら、ふたひらと梅の花びら。

IMG_6430IMG_6431

ひとしきり写真を撮った後は、雪かきを申し出る。管理室で道具を借りて、せっせと雪かき。その後、手伝いの人も集まってくるが・・・

小学生も雪かきを手伝い。そのそばで高校生が雪合戦。

私も当初はボランティア精神。でも重荷になって、いつしか、「みんなに褒められる自分」をイメージしつつ、利己心爆発寸前。で、その脇で高校生は雪合戦。小学生は飽きてどこかへ。

我らボランティアが作った細い道を、幅がはみ出す台車を押して、宅急便の配達がある。雪に乗り上げつつ台車を運ぶ姿を見て・・・・『雪かき、手伝えば?』と、意地悪なことを思いつつ、でも口には出さない。

一時間半ほど後、東から西へ、一本の道が出来て、私は雪かきを辞した。南北の通路は私には関係(きっぱり)ない。そしてエントランスに向かって歩いて気づいた。せっかく雪かきして作った通路に自転車が・・・雪の中に埋めてやろうかとも思ったが、かえって面倒なのでやめた。

 

雪は、都会の汚い物を覆い隠す化粧だというが、人間の汚い部分を引き出すのでは? と思いつつエレベーターに乗り込む。

下ではまだ、高校生が雪合戦している。

Leave a Reply

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近のコメント
カウンター
  • 18今日の訪問者数:
  • 2015年3月13日カウント開始日: